MENU

タダリス


シアリスのジェネリック医薬品がタダリス

タダリスはED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、インドのムンバイに拠点をおくアジャンタファーマという製薬会社により制作されました。シアリスと同じ有効成分であるタダラフィルを使用したED治療薬にはメガリスというものもありますが、タダリスとは製薬会社が異なります。

 

メガリスとタダリスを比べたとき、どのような違いがあるかというと、さほどの違いはありません。メガリスよりタダリスの方が若干安いだろうかという違いはありますが、効果やその特徴などに差はなく、当然、シアリスのジェネリック医薬品ですからシアリスと同じ特徴を持っています。

 

シアリス、メガリス、そしてタダリスの有効成分であるタダラフィルの特徴は、比較的遅効性であることと、持続効果が長いことです。また、バイアグラやレビトラといったED治療薬の、空腹時に飲まなければ効果がないという弱点も、タダラフィル系のED治療薬にはありません。

 

タダリスは遅効性で持続時間が長い

タダリスは、服用後1時間から5時間後くらいから効果が表れ始めます。もっとも血中濃度が高まるのは服用後3時間と言われていますが、効果には個人差があるのと、その日の体調にもよりますので、およそ1時間から5時間の間に効果が表れ始めるということになります。

 

効果が表れ始めてからの持続時間が長いのも、タダラフィル系のED治療薬の大きな特徴です。タダリスの場合、10㎎と20㎎の錠剤がありますが、いずれも一日(24時間以上)は効果が持続するといいます。

 

20㎎の方が持続時間は長いようですが、10㎎に比べると半日程度持続時間が伸びるだろうかというくらいの違いです。20㎎だから2日は持つということではないようなので注意が必要です。

タダリス2

タダリスの詳細はこちら

タダリスはタイミングを計る必要がないから精神的に楽

遅効性だけど持続効果が長いという特徴、食事に影響されないという特徴は多くのED治療薬愛用者にとって都合が良いものです。バイアグラなどの場合、即効性が高くその分持続効果も短めなため、厳密に服用する時間を調整しなくてはなりません。

 

空腹時を狙うのであれば食前に服用することになりますが、その後のデートであまり時間をかけすぎてしまうと肝心のときにイマイチ勃起力が足りないという事態にもなりかねない。タダリスは最大の効き目を発揮するためのタイミングを調整する必要がないのでとても使いやすいのです。

 

ただし、タダリスも空腹時に使用した方が効果を実感しやすいことは間違いありません。早く飲んだからと言って夜には効果が切れるという訳ではありませんから、夕食前にゆったり服用しておくと良いでしょう。

 

タダリスを一言で表現すれば、自然

神経質になればなるほど、勃起からは遠ざかっていくものです。タダリスなどのED治療薬であれば、例え食後に服用しても効果に対する影響は少なく、予め服用していたとしてもそこから丸一日は効果が持続するので後先を考えて行動する必要もない。

 

自然なデートと、自然な夜の営みを達成することが容易なのです。自然という点で言えば、タダリスは即効性が乏しい分、短時間の強力な勃起という訳ではなく、より自然に、しかししっかりと勃起する点も人気です。自然であるがゆえにED治療薬に頼っていることも忘れて楽しめるでしょう。

 

ED治療薬初心者におすすめのタダリス

効果が比較的穏やかな分、副作用も急激なものは少ないといわれています。

 

副作用ですから個人差はありますが、もしバイアグラなのでほてりや頭痛や鼻づまりがひどかったという方であれば、タダリスなどの副作用は軽く感じるのではないでしょうか。

 

ED治療薬にも合う、合わないはありますが、タダリスなどのタダラフィル系のものは多くの方にとって使いやすいED治療薬の一つだと思います。タダリスであればコスト的な面でも試しやすいはずです。

 

はじめてED治療薬を使おうと思うけどどれが良いだろうかと考えている方は、一度試してみると良いでしょう。

タダリス3