MENU

タダリスは自己責任

タダリスはシアリスのジェネリック医薬品ですが、世界各国で承認されているのはあくまでも『シアリス』です。
タダリスはインド国内のみでしか承認されていない為、日本国内でタダリスを飲む場合は、自己責任となることを覚悟をしましょう。
タダリスは従来のシアリスなどのED治療薬に比べ、副作用が強くないことがメリットですが、決して可能性はゼロではありません。
そのため、何かトラブルがあった時にも、自己責任になります。
特に医師の判断を仰がずに、個人の輸入代行業者などを利用して購入した場合は、注意が必要です。
医師からのアドバイスや注意点を聞ける病院での処方に比べて、ネット通販の場合は、個人によって危険性が増す可能性があります。
普段からマニュアルなどを隅々まで読むタイプの人であればタダリスのデメリットを把握できますが、そうじゃない人の場合は危険性を知らないまま使用した結果、トラブルにつながる可能性があります。
やはりタダリスを初めて飲む人は、使用方法やデメリットとなる副作用などについて、ちゃんと一読しておく必要があります。
飲み方を間違ってしまうと、タダリスは他の薬との併用によっては心肺停止の可能性も含んでいますので取り返しのつかないことになってしまいます。

タダリス3